転職の時の面接で大事なこと

法務の仕事での転職の面接では、ついつい自らのスキルや知識をアピールしたくなりますよね。でも大事なことはあなたの知識を組織のために使えるかという事です。

法務関連の仕事の転職

転職の時の面接で大事なこと

法務の仕事に就いているあなたが転職する場合、転職先で色々面接時に質問されることがあると思います。

どの分野の仕事においても共通していると言ってもよい事ですが、保有資格やだいたいの仕事内容は履歴書や職歴書を見れば分かることなので、この面接で聞かれることは特にあなたの人となりを判断する上での質問なので、ただ答えるだけではダメだという事を念頭においておくと良いでしょう。

仕事の内容について聞かれた場合自らの実績をアピールするために案件を細かく説明する人も多いと思いますが、この場合はその仕事においての自分なりの留意点や注意点、つまりはマニュアルには載ってない実際に仕事をしてきた自分なりのチェックポイント的な部分を手短に話すことによって、自らの能力をアピール出来るといって良いでしょう。

勿論それらは経験豊富な人から見れば恐らく当たり前の事柄でもあるため、得意気に語るのはもっての外ですが、仕事をする上でやる気があってのアピールは決してマイナスとはなりません。

また法務の仕事としては、法律に沿った正確さや知識がとても重要なものであるのは当然ですが、実際の面接では組織の中での必要な人としての柔軟性や調整力が重要なポイントとなってくるため、知識や経験を打ち出しがちではありますが、面接の質問に答える時はくれぐれも仕事のスキルだけはなく、組織への貢献を意識して答えることをお勧めします。

こちらを参照ください。http://www.apass.co.jp/

【参考サイト】
予防法務 

Copyright (C) www.proff-design.com. All Rights Reserved.

法務関連の仕事の転職