まずは応募をしましょう

法務関係の求人は買い手市場です。だからこそ求人期間も早く締めきられてしまう場合があります。応募は早くしましょう。

法務関連の仕事の転職

まずは応募をしましょう

この不景気の中でも求人数が特に増えているわけではないにしても、法務関係の市場は海外取引が多い商社やメーカーが国際法務が求められています。

経験者採用が一般的で、求職者が多い買い手市場の現在とも言えるようです。

しかし、買い手市場だからこそ企業側には優秀な人材が集まりやすくなるため、採用までの時間が短くなっている傾向でもあります。

つまり募集をしてからすぐにある一定の人数に達している場合、他の人材を待たずに次の選考段階に進めるため、その後にそれ以上に良い人材が応募してきても一旦受付は終了してしまっているという状況があり得るという事です。

転職を考えるにしても、もともと法務関係の人は仕事柄か慎重な人が多く転職先も丁寧に慎重に考えすぎる傾向があるようです。

しかし、こういったタイミングが遅くなっていることによって、せっかくのチャンスを逃している場合もあるため、条件が合って少しでも気になる企業には取りあえず応募してみることをお勧めします。

不動産などもそうですが、書類だけでは分からない実際に見たり触れたりすることで分かる事は多い物です。

面接などに進み実際に相手先に出向くことによって、その組織の雰囲気は肌で分かることも多く、面接官とのやり取りで仕事上での関係性もイメージしやすくなるでしょう。

【参考サイト】
予防法務 

Copyright (C) www.proff-design.com. All Rights Reserved.

法務関連の仕事の転職