法務の転職で有利な資格とは?

法務関連の仕事で転職しようと思った時に、大事になるのはやはり実務経験でしょう。有利な資格といっても様々な専門的な分野においてはどれとは言えません。

法務関連の仕事の転職

法務の転職で有利な資格とは?

法務関連の仕事をしていていざ転職するといった時に、有利な資格があれば取得しておきたいと思いますよね。

履歴書・職歴書の書類選考の段階でアピール出来るものがあればと誰もが考えることと思います。

しかし実際採用する現場の声としてはそのような資格はほとんど参考程度としてか見られず、やはり実務経験が物をいうようです。

勿論司法試験レベルのもので弁護士としての資格があるなどの場合は格段に違ってきますが、いわゆるビジネス資格のものは無いよりはあった方がという程度で採用の決め手にはならないといった現状です。

強いていうならば、海外との業務が関連する場合こそ語学力に長けているかが重要になるとの事です。

それよりも職歴書などの書き方でいかに自らを簡潔にアピール出来るかの方が大事になってきます。

法務の仕事をしている人にありがちなのが、事細かに長く書きすぎるという部分です。

記入漏れがないかを気にするあまりに大事なポイントが分かりにくくなってしまい、読む側の意欲がそがれるだけではなく肝心な部分が目立たなくなってしまうというケースです。

かといって内容が分かれば良いとばかりにスッキリあっさりし過ぎているものもあまり良くありません。

大事なのは自らの経験値を表すと同時に、その業務をこなす上での自分にしかないスキルをアピールすることです。

採用する側はあなたの仕事を理解した上でよりよい人材を求めているので、仕事内容の細かい説明よりもあなた個人の仕事ぶりをいかに打ち出せるかを考えて書類を作成することに意識するようにしましょう。

【参考サイト】
予防法務 

Copyright (C) www.proff-design.com. All Rights Reserved.

法務関連の仕事の転職